学科紹介Course

即戦力になるための多くの実践カリキュラム

現代の自動車は、自動ブレーキを始めとした自動車運転機能、多様な電子機器による制御が飛躍的に導入され、従来の技術に加えた様々な知識や技能が求められています。こうした現状に即戦力として対応するために、かつてのエンジンを中心とした機械から電気や燃料電池等に対応できる、より多くの実習経験を積むカリキュラムを予定しています。

自動車整備士への最短ルート

広島国際学院専門学校なら最短ルートで1級整備士になれる!

広島国際学院専門学校なら最短ルートで1級整備士になれる!

高校を卒業して就職した場合

自動車整備学科/2年制

1年次

  • ゼロからのスタート。クルマの仕組みや工具の使い方などを覚える。
  • 少人数での班編成として実習実施。
  • 実習教材は1台につき、1人または2人のペアとなって行う。

1年次の学びのポイント

エンジン分解組立

写真:エンジン分解組立

プロと同じ工具を使い、エンジンの分解・組立作業を通して構造や部品の計測方法などを一から学びます。

電装システム

写真:電装システム

自動車の電装備品(ライト・ワイパーの作動など)をオリジナル教材を使いながら、電機系統の基礎から学んでいきます。

走る・止まる・曲がるの基本、
シャシーを学ぶ

写真:シャシーを学ぶ

車はエンジンだけでは走ることができません。走る事に必要なサスペンションやステアリングなどのシャシー構造を部品や車両を使って学んでいきます。

取得可能な資格など

二級自動車整備士受験資格(ガソリン・ジーゼル)実技試験免除
  • ガス溶接技能講習
  • 中古車自動車査定士
  • フォークリフト運転技能講習
  • 小型建機運転特別教育
  • 有機溶剤作業主任者技能講習
  • 低圧電気取扱特別教育
  • 危険物取扱者(乙種第4類)などその他も有り
  • 写真:整備の様子
  • 写真:整備の様子

2年次

  • 実践的な整備技術を学び、自分の知識を拡げていく。
  • 問題解決能力を強化していく。
  • 整備の感覚を養い、積み上げてきた基礎を発展させるプログラム。

2年次の学びのポイント

点検・車検整備

写真:点検・車検整備

自動車が国の検査基準を満たしているか等を本格的な設備を使って学びます。

故障診断

写真:故障診断

車の調子が悪い場合など、どこが原因なのかを徹底的に診断していきます。

大型エンジン分解

本校は乗用車だけでなく、大型のバス・トラックを扱う会社にも就職しています。大型のクレーンを使ってエンジンを分解していき、乗用車との違いを学んでいきます。

1級自動車整備学科/2年制

整備業界最高のスペシャリストを育成

実技試験免除

1級小型整備士の受験資格を2年で取得。
本来であれば3年間の実務経験を必要としますが、本校では2年で取得でき、実技試験が卒業とともに免除となります。

インターンシップ

自動車ディーラーなどで、200時間以上の校外研修を行います。
実際の現場で様々な実務経験を積み、実践力と対応力を身につけます。

充実した設備・本格的なツールで分かるまで学ぶ

写真:設備

完成検査場

国が行う自動車の検査(車検)場と同様の装置を完備。ブレーキ性能や排気ガス等の測定・検査を行います。

写真:設備

リフト

校内に20基完備。車両を持ち上げて下部からの作業を容易にします。

写真:設備

リフト

校内に20基完備。車両を持ち上げて下部からの作業を容易にします。

自動車走行性能試験機

あらゆる走行状態を台上で再現し、その時の出力・トルク・燃料消費率を実車状態で計測。自動車の走行性能を総合的に診断します。

写真:原動機性能試験機

原動機性能試験機

この試験機(動力計)にエンジン単体を取り付け、出力・トルク・燃料消費率など、エンジンの総合的な性能を診断します。

写真:フラット・ボード・リフト

フラット・ボード・リフト

車体を持ち上げて作業を行う際、必要となる装置。作業時は周囲に柱がなく、より広い作業スペースを確保でき、下降時は床に収まり、出入りがスムーズ。

写真:四輪アライメント・テスタ

四輪アライメント・テスタ

四輪トータルアライメントとはキャンバー、キャスター等の4つの車輪が適正な位置で、的確に作動しているかどうかを測定し、調整する試験機です。

写真:テストベンチ

テストベンチ

テストベンチはセルモーター、オルタネーターなど自動車電装部品の測定・性能検査を総合的に行います。